両親の決意


先日、私の実家へ久しぶりに行ってきた時の話です。

実家で食事を終え、両親から相談をもちかけられました。

それは両親と、母方の叔父との確執。
叔父の言動に傷ついている両親。
昨年から体調を崩している母。
2人きりの生活で、よく夫婦ケンカをすることなど。

なにか上手くいかず今の生活を変えようかと考えていることを相談されました。
変えようとしていることは家族のことを思い、両親の優しさが伝わる内容ではあったのですが。

両親に今、何が起きているのか。
良かれと思っていても、それは逃げになってしまうこと、
自分たちの表面意識のこと、そしてエゴや恐れについて。
そしてもっと深い話になり、何のために私達は生まれてきたのか、
魂のこと、など私の分かることを両親に話しました。

そして叔父の発する言葉は両親への大事なサインであること。
いつになく真剣に耳を傾ける両親でした。

私が実家に行って、見て感じたことは、
両親はとても傷ついているようでしたが、
ハートの扉を開けようとして行動をおこしていると感じたのです。

そのことを意識して、条件をつけずにハートをオープンにしていくと良いのでは、と提案してみました。

両親は納得して、今の状況から避けるのではなく、
自分達の意識を変え、ハートを閉ざさずにチャレンジしていくこと、
夫婦で仲良く力を合わせ頑張っていくことを決意したのでした。

それこそが両親にとって自分らしい生き方だと結論としてでた答えでした。

そしてこの一連の内容はまさに私自身におきていることでもあり、
私こそがやるべきこと、変わらなくてはならないサインであると気づきました。 

おきていることに囚われ、苦しんでいては前に進めないのです。

それを両親は私に見せてくれたんだと思います(もちろん両親の表面意識では分かっていませんが)

ゆっくりと両親と話す時間がもてたのは、宇宙から与えてもらった豊かさであることを両親に伝え、共に感謝しました。


目の前の霧が晴れたような感じがして、
それからというもの、しばらく見ていなかった数字のサイン「88」「777」「999」を1日に何度となくみるようになったのです。
嬉しいサインがきました


88→大いなる豊かさはあなたのものです。ゆたかさはいつにも増してあなたに流れています。

777→あなたは聖なる導きにじっくり耳を傾け、その叡智を実りある行動に移しました。今そのご褒美を収穫しています。

999→ライトワーカーよ、行動してください。世の中はあなたの聖なる人生の目的を必要としています。神聖な使命にしっかりとりかかってください。


image3 (007) 


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント